ユーザー・グループの管理:グループ、/etc/passwdについて

ユーザー・グループの管理

Linuxは、複数のユーザーが同時に利用な「マルチユーザーシステム」です。利用できるユーザーの情報はテキストファイルで保存されています。グループの設定情報は「/etc/group」ファイルに保存されます。

グループ情報・/etc/passwdについて

staff:x:1002:linux,lpic
staffグループ名
グループの名称が格納される
xグループパスワード
グループメンバー用のパスワードが格納される
現在はシャドウパスワードが使用されているので「x」が表示される
1002GID(グループID)
グループを識別するためのIDが格納される
linux,lpicグループメンバー
このグループをサブグループにしているユーザーのユーザー名が格納される
複数のユーザーが属している場合は「,」で区切って並べられる

上記の例は、グループ「staff」にユーザー「inux」「lpic」が所属している。

グループ割り当てについて

グループ割り当ては「一般ユーザーをすべて特定のグループに所属させる」場合や、「ユーザーアカウントを作成するごとに専用のグループを作成し割り当てる」場合、などディストリビューション毎にことなる。

プライマリグループ、サブグループ

ユーザーは複数のグループに所属できます。

ユーザーの基本となるグループが「プライマリグループ(基本グループ)」、プライマリグループ以外の参加グループが「サブグループ(参加グループ)」です。

ファイル・ディレクトリを作成時にデフォルトで適用される所有グループがプライマリグループです。ユーザーのプライマリグループの確認は、/etc/passwdファイルのGIDフィールドから行います。

関連リンク

About the author: inkadmin

Leave a Reply

Your email address will not be published.