ランレベル

ランレベルとは

Sys Vinitを採用しているシステムでは「ランレベル」と呼ばれる動作モードがいくつかあります。ランレベルごとに、どのようなサービスが稼働するか、もしくは稼働しないかを決定できます。

各ランレベルでできることの例

ランレベル5:クライアントPCとして必要なGUI環境を利用できる状態
ランレベル3:各種サーバソフトウエアを使ったネットワークサービスが提供される状態

OS毎のランレベル一覧

OSごとでランレベルの詳細は若干ことなります。

Red Hat Enterprise Linux、CentOS、Fedoraのランレベル

0 :停止
1 :シングルユーザーモード
2 :マルチユーザーモード(テキストログイン、NFSサーバは停止)
3 :マルチユーザーモード(テキストログイン)
4 :未使用
5 :マルチユーザーモード(グラフィカルログイン)
6 :再起動
S(s):シングルユーザーモード

Ubuntu、Debian、GNU/Linuxのランレベル

0 :停止
1 :シングルユーザーモード
2 :マルチユーザーモード
3 :マルチユーザーモード
4 :マルチユーザーモード
5 :マルチユーザーモード
6 :再起動
S(s):シングルユーザーモード

Sys Vinit

システムの電源を入れてからLinuxが起動する仕組み・手順のこと。Sys Vinitの改良版で「upstart」、upstartをさらに改良した版で「Systemd」が存在する

シングルユーザーモード

rootユーザだけが使用できる特殊な状態のこと。一般ユーザーはログインできない。一般ユーザーシステムを利用していては困るシステムメンテナンスなどで使用されるモード

About the author: inkadmin

Leave a Reply

Your email address will not be published.