パブリッククラウド

パブリッククラウドとは

パブリッククラウドとは。まず、その前に「クラウド(=クラウドコンピューティング)」とは。クラウドはインターネットで繋がってさえすれば、ストレージ、サーバ、ネットワークなどのコンピューター資源を、場所・設備環境を問わず、いつでも自由に利用できるシステムのことです。

クラウドも、自社内に環境を用意し、限られた範囲内でクラウドサービスを提供する「プライベートクラウド」と、「パブリッククラウド」が存在します。

「パブリッククラウド」は、業種・業界はもちろん、個人・企業も問わず、サービスを求めるユーザーにクラウドサービスを提供するオープンなサービス形態のクラウドのことを指します。

自社で機器や設備を持たなくても、利用したいときに必要な分サービスを使えます。

パブリッククラウドのメリット

ウェブサイトへのアクセスが突然急増した、急遽サーバ環境を用意しなくてはならない。といった状況でも迅速に対応できます。

また、機器や設備を自社で準備する必要がないので、本来かかるはずだったイニシャルコストや、環境を維持するためのランニングコストを削減できます。

About the author: inkadmin

Leave a Reply

Your email address will not be published.