TCP/IP(ポート・ウェルノウンポート)

ポート

ポート・ポート番号は、送信元・先のアプリケーションを識別するのに使われます。アプリケーションごとに使うポート番号が決められているので複数のアプリケーションを同時に利用しても処理できます。

ウェルノウンポート

主要サービスで使われるポート番号は標準化されていて、1023番まで予約済みです。このポートは「ウェルノウンポート(Well Known Port:既知のポート)」と呼びます。

IANA(Internet Assigned Numbers Authority)が管理していて、各番号・サービス詳細などはIANAのウェブサイトで確認できます。

ウェルノウンポートに指定されている番号以外にも、特定のアプリケーション用に予約されているポートがあります。例えば「PostgreSQL(DBシステム)」は5432番、「Webmin(システム管理ソフト)」は10000番です。

PostgreSQL、Webminのように、ベンダーからの申請で割り当て可能なポート番号を「レジスタードポート」と言います。「レジスタードポート」に指定できるポート番号は1024~49151番です。

代表的なポート番号

番号プロトコルサービス/プロトコル説明
20TCPFTPFTPデータの転送
21TCP/UDPFTPFTPの制御情報
22TCPSSHSSH接続
23TCPTelnetTelnet接続
25TCP/UDPSMTP電子メール
53TCP/UDPDNSDNS
80TCPHTTPWeb
110TCPPOP3電子メール(受信)
123UDPNTPNTPサービス
139TCP/UDPNetBIOSMicrosoftネットワーク
143TCPIMAP電子メール(IMAP2/IMAP4)
161UDPSNMPネットワークの監視
162TCP/UDPSNMP Trapネットワークの監視(警告通知等)
389TCP/UDPLDAPディレクトリサービス
443TCP/UDPHTTP over SSL/TLS
HTTPS
SSL/TLSによるHTTP接続
465TCPHTTP over SSL/TLS
SMTPS
SSL/TLSによるSMTPS接続
514UDPSyslogロギングサービス
636TCP/UDPLDAP over SSL/TLSSSL/TLSによるディレクトリサービス
993TCP/UDPIMAP over SSL/TLS
IMAPS
SSL/TLSによるIMAP接続
995TCP/UDPPOP3 over SSL/TLS
POP3S
SSL/TLSによるPOP3接続

Telnet

Telnetとは、TCP/IPネットワークにおいて、リモートホストの遠隔操作を可能にするプロトコルです。サーバソフトウエアとの通信、Telnetコマンドでのログインなど行えます。

しかし、Telnetは通信内容が暗号化されません。パスワードのような重要な情報もネットワーク上にそのまま流れます。安全面に難があるため、現在はあまり使われません。

About the author: inkadmin

Leave a Reply

Your email address will not be published.