パッケージ管理

パッケージとは

実行プログラム、設定ファイル、ドキュメントなどを1つのファイルにまとめたものを「パッケージ」といいます。パッケージ管理の方式はディストリビューションによって異なります。

代表的なものはLinux/Debian GNUなどで採用されているDebian形式、Red Hat Enterprise Linuxなどで採用されているRPM形式です。

パッケージ管理とは

パッケージのインストールやアンインストール、アップデート作業においてどのようなパッケージがどこにインストールされているのか管理したり、パッケージ間の競合を回避したりする仕組みを提供するのがパッケージ管理システムです。

パッケージ管理システムにより、アップデート作業、インストール・アンインストールが容易になります。

パッケージの共存関係

例えば、パッケージAに含まれるファイルをパッケージBが利用している場合、パッケージAなしではパッケージBを使うことができないというようなことがあります。

このように、あるパッケージが別のパッケージに依存しているというような関係を「パッケージの共存関係」といいます。

About the author: inkadmin

Leave a Reply

Your email address will not be published.