メール配送・管理の仕組み(Postfix、sendmail、exim)

メール配送の仕組み

電子メールを扱うソフトウエアは、MTA(Message Transfer Agent)、MDA(Mail Delivery Agent)、MUA(Mail User Agent)などあります。

作成したメールが配送相手に届くまでの一般的な流れは下記の通りです。

  1. メールクライアントソフト(MUA)で作成したメールが、送信用MTA①に送られる
  2. MTA①がメールアドレスから配送先メールサーバを調べ、メールをMTA②に配送する
  3. MTA②がメール受信し、ローカル配送プログラムのMDAが、メールの宛先となっているユーザのメールボックスにメールを格納する
  4. 受取人はPOPサーバ・IMAPサーバなどを経由し、自分のメールボックスからメールを取り出す

メール配送のMTAは、SMTPプロトコルでメッセージのやり取りするため「SMTPサーバ」とも呼ばれます。代表的なSMTPサーバは「sendmail」「Postfix」「exim」などです。

MTAの起動

システム毎にMTAプログラムのインストール状況は違います。稼働中のMTAの確認は、25番ポートを開いているソフトウエアを調べるとわかります。下記例はPostfixが動作しています。

# netstat -atnp | grep 25
tcp 0   0   127.0.0.1:25    0.0.0.0:*   LISTEN  1388/master
tcp 0   0   ::1:25          :::*        LISTEN  1388/master

About the author: inkadmin

Leave a Reply

Your email address will not be published.