メールの転送の仕組み(エイリアス)

メールの転送とエイリアス

ある宛先に届いたメールを、別のメールアドレスで受け取ることができるようにするには、 /etc/aliases でエイリアスを設定する方法と、各ユーザーのホームディレクトリに .forward ファイルを用意する方法があります。

/etc/aliases ファイル

/etc/aliases ファイルを利用すると、メールアドレスの別名(エイリアス)を設定できます。例えば、root宛に届いたメールを、ユーザーadminとlpicでも受け取れるようにするには、/etc/aliasesで次のように設定します。adminとlpicは、どちらもroot宛のメールを受け取れます(※今回の例だとrootにメールは届かなくなります)

/etc/aliasesの記述例

root:   admin,lpic

この設定を有効にするには、newaliasesコマンドを使います。newaliasesコマンドは、/etc/aliasesの設定をもとに、MTAが実際に参照するエイリアスデータベースファイルの/etx/aliases.dbを更新します。

newaliasesコマンドの実行例

# newaliases

.forwardファイル

メールを転送するもう1つの方法は、.forwardファイルを使う方法です。この場合は、各ユーザーのホームディレクトリに.forwardファイルを用意し、その中に転送先のメールアドレスを記述します。この方法は、一時的にメールを転送したい場合などに便利です。

また、ユーザーが各自で設定できるため、管理者が設定する必要はありません。

About the author: inkadmin

Leave a Reply

Your email address will not be published.