ディスプレイマネージャー

ディスプレイマネージャー

ディスプレイマネージャーは、GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)上にログイン画面を表示し、ユーザー認証を行うソフトウエアです。

以下、ディスプレイマネージャーの一例です。

ディスプレイマネージャー名採用されるデスクトップ環境
XDM(X Display Mannager)X.Org標準
GDM(Gnome Display Mannager)GNOME
SDDM(Simple Desktop Display Mannager)KDE Plasma
LightDMUbuntu

デスクトップ環境が複数インストールされている場合、ディスプレイマネージャーで切り替え可能です。

GUIをインストールした環境のデフォルトのログインがCUIの場合、システム起動時に自動的にディスプレイマネージャーが有効になるよう設定する必要があります。

システム起動時にディスプレイマネージャーを有効にする設定方法

設定方法の一例を紹介します。「LigthDM」で設定する場合は以下コマンドを実行します。

# systemctl enable lightdm.service

その他のグラフィカルデスクトップ

ウィンドウマネージャ

Xの外観を制御するソフトウエア。ウィンドウの外側、メニュー、アイコンなど提供するXクライアントです。

Xサーバのみでは作業環境として機能しないため、ウィンドウマネージャは必須です。

ウィンドウマネージャは環境によって、全く別のOSかのようにUIが変更される可能性があるので、環境を変える際は注意が必要です。

ウィンドウマネージャの一例

下記、ウィンドウマネージャの代表例です

ウィンドウマネージャ名概要
twe最小限の機能を備えた、基本的なウィンドウマネージャ
FVWMシンプルで軽快さがウリのウィンドウマネージャ
Enlightenment高度なカスタマイズが可能なウィンドウマネージャ
MetacityGENOME2の標準ウィンドウマネージャ
MutterGENOME3の標準ウィンドウマネージャ

関連リンク

About the author: inkadmin

Leave a Reply

Your email address will not be published.