印刷の仕組み・CUPS

印刷の仕組みについて

CUPS(Common Unix Printing System)は、Linuxディストリビューションの多くで、印刷サブシステムで採用されているシステムです。

CUPSの特徴は下記4点です。

  • IPP(Inter Printer Protocal)が採用されている
  • PPD(PostScript Printer Description)ファイルをサポートしている
  • 設定がWebベースで可能
  • プリンタクラスをサポートしている

IPP(Inter Printer Protocal)が採用されている

ネットワーク上のプリンターをサポートするプロトコルとして「IPP」が採用されている。インターネット経由でも印刷可能。

PPD(PostScript Printer Description)ファイルをサポートしている

デバイスドライバ設定をAbodeのPPD形式のファイル・テキストファイルで行える。

設定がWebベースで可能

設定をWebブラウザーから行えるツールが組み込まれている。

プリンタクラスをサポートしている

複数のプリンターを1台のプリンターに見せかける機能を持つ。

CUPSによる印刷処理の流れ

  1. 印刷データを印刷コマンド・アプリケーションから受け取る
    ※プリンターの設定オプションはPPDファイルから提供される
  2. 印刷データをスプーラが受け付け、スケジューリングを行う
  3. 直接プリンターが受け付けられないデータを、一度中間形式としてPostScript・PDFにファイルで変換する
  4. PPDに定義したファイルで、最終の印刷データに変換する
  5. 処理した印刷データをUSBなどのローカル接続、もしくはIPP・LPRなどのネットワーク経由でプリンターに渡す

About the author: inkadmin

Leave a Reply

Your email address will not be published.