BIOS

BIOSとは、概要

BIOSとは入力基本システムです。
「Basic Input Output System」を略してBIOS(バイオス)と呼ばれています。

デバイス(キーボード,ハードディスク、ビデオカードetc)を制御する、最も基本的な制御プログラムです。

デバイスに対する基本的な入力手段をOSやアプリケーションに提供します。そのおかげでBIOSのインターフェースを利用してハードウエアへ簡単にアクセスすることができます。

コンピューターのマザーボード、拡張カードに搭載されたフラッシュROMに書き込まれています。

マザーボード上のBIOSは「システムBIOS」、拡張カード上のBIOSは「拡張BIOS」と呼ばれます。

システム起動時のBIOSの働き

システムの電源を入れるとBIOSは最初に起動し、ハードウエアのチェック・初期化を行います。

そのあとに起動デバイス(ハードディスクやSSD)に書き込まれたブートローダを読み出し、ブートローダに制御を移す働きをします。

UEFIとは

UEFIとは、BIOSに代わる新しいプログラム・後継となるファームウエア規格のことです。

「Unified Extensible Firmware Interface」を略してUEFI(ユーイーエフアイ)と呼ばれています。

関連リンク

About the author: inkadmin

Leave a Reply

Your email address will not be published.