ファイルの所有者管理

概要

ファイルへのアクセス許可は、ファイルに設定されているアクセス権、所有者、所有グループにより決定されます。所有者と所有グループを編集・変更できるのはrootユーザーのみです。

所有者とは

ファイル・ディレクトリを作成すると、作成したユーザーがその所有者として設定されます。同時に所有者のプライマリグループがファイル・ディレクトリのグループとなります。

Linuxというグループに属するユーザーLpicがファイルを作成すると、そのファイルの所有者はLpicに、所有グループはLinuxになります。

所有者の確認方法

確認対象のファイル・ディレクトリがある場所で「ls -l」コマンドを実行すると確認できます。

$ ls -l
-rw-r–r– 1 Lpic Linux 0 jun 27 22:00 testfile

About the author: inkadmin

Leave a Reply

Your email address will not be published.